OUROBOROS/合成



  • 「合成」により、アイテムを別のアイテムに変換することができます。
  • 「合成」には、以下のような様々なアイテム変換ルール(フォーミュラ)があります。
  • 「合成」の関連項目に、「調理」、「」、「アイテムトランスフォーメーション」があります。



 合成(カラー合成)

  • Ouroboros4(V4システム)以降で利用可能な合成機能。
  • アイテム欄で合成キューブを使用する。あるいは、魔術大学の合成実験室でより本格的な合成窓を開くことができる。
  • クラシックアイテムだけでなく、カラーアイテム全般の本格的な合成が可能。

 共通アイテム合成フォーミュラ

  • 共通アイテムを用いたゲーム進行上も必要な合成ルール
  • (例)ミスティックストーンの破片x7 → ミスティックストーンの原石x1

 スタック可能アイテム合成フォーミュラ

  • スタック可能なアイテムを対象とした合成ルール
  • (例)スタック2以上の1つのアイテム → スタック1に分ける
  • スタック合成フォーミュラの一部は使用器具によっては利用出来ない。

 コモン合成フォーミュラ

  • コモンアイテムを用いる合成ルール
  • (例)指輪x3 → 護符x1

 ベース合成フォーミュラ

  • ベースアイテムのみを用いた合成ルール

 2アイテム合成フォーミュラ

  • 2つのアイテムを用いた合成ルール

 3アイテム合成フォーミュラ

  • 3つのアイテムを用いた合成ルール

 固定数アイテム合成フォーミュラ

  • アイテム数が固定の合成ルール(3つより多くのアイテムを用いる場合)

 任意数アイテム合成フォーミュラ

  • アイテム数が固定でない合成ルール

 クラシック合成フォーミュラ

  • 廃止された旧クラシック合成に似た合成ルール。
  • (例)ショートソードx2 → ロングソードx1

 食材合成フォーミュラ

  • 食べることができるアイテムを用いた合成ルール。基本的に合成用の器具では作ることができません(調理を参照)。


  • 合成画面(アイテム利用)
    画面
  • 合成画面(魔術大学利用)
    画面




 旧クラシック合成(旧合成)

  • Ouroboros3(V3システム)以前の合成機能。前述のカラー合成リリースにより廃止されました。
  • 魔術大学やキャンプ内から合成キューブを使用することで合成窓が開く。
  • 合成によりアイテムを別なアイテムに変化させることができます。合成には偶然合成と固定合成の2種類があります。偶然合成が発生せず、固定合成にも該当しない場合、合成の材料に用いたアイテムは全て消滅します。
  • 元来クラシックアイテムのみを対象としたものであったが、後に一部のカラーアイテムの合成が可能となった。

 固定合成

固定合成とは予め定まった合成ルール通りに材料となるアイテムを合成することにより、予め定まったアイテムを入手する合成です。

 偶然合成

合成ルールのように定まった材料は規定されていない合成です。偶然合成はランダムに発生して材料となるアイテムを突然変異させます。


添付ファイル: filesynthesis1.png 33件 [詳細] filesynthesis2.png 28件 [詳細]